http://yukakoagency.com

ブログ

ニューヨークで無料で英会話教室へ通う方法オススメ3つ!

ニューヨークへ来て1ヶ月、英会話に1円も使ってません

ニューヨークへ移住して1ヶ月が経ちました。もともと、最初の半年は英会話教室へ通おうと思っていたのですが、今のところ、無料で、1日2~4時間程度の英会話レッスンを受けています。今回は私がどのように無料の英会話クラスを見つけたのか、そして参加してみた感想を紹介します。(英会話クラス、英会話ミートアップのことをさしています。)

Meetupアプリでオフ会を検索!

私がニューヨークへ来て毎日のようにみているアプリの一つが、Meetupというアプリです。その名の通り、様々なミートアップを作成したり、検索して参加することができるアプリです。アプリの中には、カテゴリ別にコミュニティがあり、自分の興味のあるコミュニティに参加しておけば、ミートアップというオフ会的なものの開催案内が届きます。

私は、アクティビティ系のコミュニティ(セントラルパークでヨガやったりする)、マーケティング系のコミュニティ(マーケターのオフ会や勉強会がある)、ランゲージエクスチェンジ系(国際交流イベントがある)など、興味のあるコミュニティに片っ端から参加しています。笑

本記事で紹介しているミートアップの様子は動画でも紹介しています!

 

まずはJapanese and English Language Exchange系で場慣れしよう!

ニューヨークへ来て間もないと、友達もいない、ニューヨークの右も左もわからない!っていう状態です。そんな時に、言語やカルチャーバックグラウンドが全く異なるコミュニティへいきなり飛び込むのは少し勇気がいりますよね。

そんな時にオススメなのが、Meetupアプリを使って「日本語を学びたい英語ネイティブ」と「英語を学びたい日本人」のための交流会に参加することです。

交流会には、日本に興味のある現地人がいる=つまり、日本人に理解のある人が集まっているわけですから、アウェー感を全く感じません。最強!

この手の交流会は、ボランティアで開催されていることが多く、一般のカフェで、テーブルをいくつか占領して行うものから、バーで立食パーティー形式のものまで様々です。早朝8時のモーニングミートアップから、ランチミートアップ、夜のアフター5ミートアップなど、時間も様々です。

ミートアップごとに大小はありますが、だいたい5人規模〜30人規模まであります。一度に多くの知り合いができるし、ミートアップによって開催される場所が異なるので、新しいカフェやバーを開拓するキッカケにもなり楽しいです。参加費は無料でドリンク代は別というケースがほとんど。ミートアップのあとはご飯に行ったり、カラオケに行ったりします。w

複数のコミュニティが開催しているので、全てのJapanese⇆English系の交流会に回ってみるだけでも最初の1~2週間は毎日充実します。

ちなみに私がよく参加するのはJ-KURUというコミュニティのオフ会です。

ネイティブと知り合う機会が多いのもこのJapanese⇆English系のミートアップですね。まずはこれで場慣れしていくことをお勧めします。1~2週間ほどミートアップに通い続けると、ミートアップのパターンの理解と、新しい人とのコミュニケーションのとり方のコツが掴めてくるので、そうしたら、次のステップです。

「FREE ENGLISH CLASS」に参加して無料で語学学校へ通おう!

ニューヨークでは、実は毎日のように無料の英会話クラス(FREE ENGLISH CLASS)が英会話スクールによって開催されているんです。

これのカラクリは、英会話スクールの英語教師のたまごが、授業の練習をする為に解放されている場合が多いです。

ですので、英語を教えてくれる先生は、最初は教え方にたどたどしさがあります。笑 しかし、プロの英会話講師が監督としてついているので、授業内容はしっかりと準備されていて内容的には満足できるものです。文法、ボキャブラリー、発音、スピーキング、ライティングまで網羅された内容です。

時間はおおよそ、1クラス2時間みっちりやるところが多く、1回の授業で英語教師のたまごが30分ずつ交代で授業を行ったりします。1サイクル1ヶ月〜2ヶ月程度で解放されていることが多いので、年中、どこかしらで無料で語学学校へ通えそうです!笑

この手の無料の英会話教室へ通うメリットは、無料で本格的な授業を受けられるだけでなく、世界各国の人と出会えることです。ロシア、日本、韓国、中国、ブラジル、スペイン、など様々な国の人と出会えます。バケーションで滞在している人から、仕事でニューヨークに住んでいる人までバックグラウンドも多様です。「英語を学びに来ている」という共通の目的を持って集まっているので求心力が働き、すぐ仲良くなれます。

Public Libraryを活用しよう

ニューヨークのランドマークであるPublic Libraryでは無料の英会話クラスや、ミートアップを開催しています。

Public Library主催の英会話クラスに通う為には、Information Sessionというものに参加して会員登録をする必要があります。ただし、このInformation Sessionはいつでも行けるわけではなく、日程が決まっています。事前にホームページで確認しましょう。英会話クラスにはサイクルがあり、各サイクルによって登録期間も異なります。現在(2018年10月26日現在)は、WINTER 2019の登録受付前のようです。しばし待ちましょう。

Information Sessionで登録が完了したら、参加したいクラスを選択して通い始めることができます。(クラスは複数箇所で開催されているので自分が参加したい近場のクラスを選びます。)

Information Sessionに登録がまだでも、Public Libraryで行われるミートアップなら登録不要でふらっと参加することができます。Drop-In English Conversation Classと呼ばれています。こちらは毎日複数回開催されていて、登録不要、事前参加申し込みも不要。当日ふらっと立ち寄って、早いもの順で席に座ります。フリートーク形式なので、Meetupで場慣れしていれば、余裕のよっちゃんです。

終わりに:英語力をあげる為に大切だと思うこと

以上、ニューヨークへきて1ヶ月間で得た、無料で英語を学ぶ術です。

でも、一番英語力をあげる上で大切なことは、日本語に一切触れず、英語脳にすること、だと思います。

これは私が12歳でニュージーランドに単身留学した時に身を以て学んだ教訓です。日本人の一切いない、現地の中学校へ入学した私は、アルファベットを書くのもままならないレベルから、最初の1年でTOEIC850点を取れるほど英語力を伸ばしました。しかし、2年目になって、学校に日本人留学生が増え、日本人とつるむようになった私は、100%英語漬けではなくなり、2年目は、語学力の向上を体感できませんでした。むしろ、日本語を1時間話した直後はうまく英語が喋れない=英語脳へのスイッチに苦労しました。

英語を体で覚えて、感覚で喋れるようになるには、100%英語脳にしておくことの大切さを学びました。

なので、今、ニューヨークでも、なるべく日本語は喋らない、ネイティブの人とつるむ、ということを心がけています。

それではまた!

  • この記事を書いた人

ゆかこ

2018年に渡米。NY情報局長として Forbes Japanでコラムを書いています✒️ 800万DL突破したアプリ開発をキッカケに『ティーンマーケティングのご意見番』に。楽天FMラジオMC/テレビ出演/SXSW登壇。 海外レポーター系YouTubeをやってます。

-ブログ

© 2021 YUKAKO AGENCY Powered by AFFINGER5